休日のテーマパークで「彼を幻滅させない」メイクの仕込み3つ


彼と一緒に遊園地などテーマパークに出かける際には、普段よりメイク直しできるタイミングが少なくなるもの。とはいえ、崩れたメイクを見られて「幻滅っ……」なんて展開は避けたいですよね。今回は、時短美容家の筆者が、“テーマパークデートで仕込んでおきたいメイクの仕込み術”を3つご紹介しましょう。事前の工夫が大事なんです。

仕込み1:眉の上にコーティングテーマパークでは乗り物に乗る機会も多いため、普段のデートよりも風に触れる場面が増えますよね。

すると、風そのものの刺激や髪の毛との摩擦によって普段より眉が消えやすいシチュエーションなのです。

そこで、テーマパークデートの日にはあらかじめ眉の上に専用コーティング剤を塗って、“落ちにくい眉”に加工しておくのがベストのテク。

コーティングすることで多少の風や摩擦では落ちにくくなりますから、乗り物で隣に乗った彼が眉ナシ顔を見てギョッとするリスクを防げます。

ただし、塗りすぎるとテカテカになるので、薄く伸ばすように塗ってくださいね!

 

仕込み2:濃い口紅は使わないテーマパークデートでは、混雑もあってお化粧直しをするタイミングが限られるため、口紅が落ちても塗り直すチャンスも多くありません。

あらかじめ“落ちても気づかれにくい”薄い色味の口紅を使うようにすれば、ハゲた口紅が目立って彼にギョッとされるシーンを防げます。

しっかりとした色の口紅よりも、色付きリップや透明に近いグロスを使うなど工夫をしておくと、落ちても気づかれにくいのでオススメですよ。

また、テーマパークの休憩中に、グラスやペットボトルに口紅がべったり……なんて不潔っぽさが出る残念な場面も防げます。

 

仕込み3:目尻にはアイラインをひかない1でも言ったように、風によってアイメイクが普段より落ちやすい環境になっているのがテーマパークデート。

例えば、目尻までアイラインをひいていると、風のせいで滲んだりよれたりしやすく、乗り物で横に座った彼から見て残念な印象になることも。

むしろ、崩れやすい日だからこそ、潔く“描かない”選択もアリなんです。目尻は、特にアイラインがよれやすい部分。テーマパークに行く日は、目尻のハネ上げをやめて目のキワまで入れて崩れる要素を排除するなど工夫してみて。

 

いかがでしょうか?

テーマパークデートは、キャッキャと楽しくはしゃげる反面、メイクが崩れやすいデートでもあります。

メイク直しする前の“崩れ顔”を見られたくない女性は、メイクの段階から工夫しておいてソンはありません!

 


引用URL:http://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Menjoy_284076/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

面白画像特集

  1. aiura047

    2016-11-27

    【面白画像】ボケて殿堂入り画像ver2

  2. ボケて殿堂入り

    2015-11-19

    【面白画像】ボケてで殿堂入り画像

  3. 【面白画像】コスプレ編 ver1

    2015-11-18

    【面白画像】コスプレ編 ver1

  4. 【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

    2015-11-16

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

  5. 【面白画像】コラ画像編 ver1

    2015-11-4

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver1

【PR】メール占い

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る