愛され彼女になるために超重要な「空気を読む」交際術

どうもあかりです。

「空気を読む」というと、「周りの顔色ばかり窺って自分を出せない人」みたいなネガティブなイメージがありますが、恋愛ほど「空気を読む」ことが大切なものはありません。

「交際」という目に見えない細くて繊細な糸を、引っ張りすぎて切ってしまわず、それでいて油断して、たるませてしまわないようにしながら付き合い続けていくためには、見えないものを正しく見る力、「空気を読む力」こそが最も重要なのです。

現に、彼氏に愛される女性というのは、必ず「空気を読む力」に優れているものです。

彼氏が「居てほしい」と思うときにタイミングよく顔を出し、逆に彼氏があんまり自分を欲していないなと感じれば、すっと影になる。

こういうサジ加減というか、バランス感覚のある彼女に対して、男性は「かわいさ」や「優しさ」を超える価値を見出すものです。

そこで今回は、愛され彼女になるために超重要な交際術として、みなさんにもぜひ真似してみてもらいたい「空気の読み方」をご紹介していきます。

writer:遣水あかり目次1.彼氏が忙しいときには潔く「消える」2.「心配」って思ったら思い切り「攻める」3.彼氏を「立てる」のも彼女の大事な役目4.「さみしがってほしそう」を感じ取れ5.キザな彼氏を茶化さない6.「甘えてほしい」ときには甘えてあげる7.デートを「評価」しない8.彼氏の期待に応えて「演じ切る」思い切りのよさ彼氏が忙しいときには潔く「消える」大人の女性にとって一番大事と言ってもいい「空気を読む力」は、「消える」ことができる能力のことです。

典型的には彼氏の仕事が忙しすぎて、彼女にかまってあげられないときですが、こういう「彼女のことを欲していない」ようなタイミングでは、すっと彼氏の視界から消えてみるのが得策だったりします。

そういうときにまでノコノコと彼氏の目の前で存在をアピールをしても、「うっとうしい」と思われてしまうのが落ちですからね。

私たちが恋愛について真剣に考えるとき、ついつい「何をどううまくやったら、愛されるか」みたいに考えがちです。

これって「何かをすること」が前提になっているわけですが、ときには「何もしない」という選択こそが賢明だったりするんですよね。

「何もしない」というカードを持つようになれば、あなたという女性にひとつ深みが出ます。

「好き」の気持ちは、「想う」ことで育っていくもの。

そして「想う」は、その相手が自分の目の前にいなくて、連絡もとっていないようなときにこそ起こる思考です。

「今はこの瞬間は、正直、彼氏に求められてないな」と察したら、潔く一時的にフェードアウトすることも言ってみればひとつの「攻め」なのです。

「心配」って思ったら思い切り「攻める」反対に、「消えてる場合じゃないぞ!」な攻め時もあります。

その筆頭が、彼氏のことを心配に感じたときです。

彼氏が明らかに疲れていたり落ち込んでいるように見えたときには、仮に彼氏が「いや、全然大丈夫だよ」と言っても、「なんかあるなら話してよ?力になれるかわかんないけど、話聞くからさ」とおせっかいをやいてあげてください。

そもそも、彼氏のことを普段、一番近くで見ている彼女である自分が「あれ、彼氏クン大丈夫?」と思ったのであれば、だいたいその勘は当たっているはずです。

なので彼氏が「大丈夫だよ」と言っても、それは単に強がっているだけの場合が多い。

そう疑って、「あそっか。

気のせいか」とすぐに引き下がってしまわないようにしてください。

彼氏を「立てる」のも彼女の大事な役目男性はなんだかんだ、恋愛を通じて、自己承認欲求を満たすことが好きです。

それ「だけ」じゃないですよ?あくまでそういう要素「も」ある恋愛が好きだということです。

みなさんも、付き合っていて「私ダメだ……」と感じる恋より「私、彼氏にとってよい彼女で居られてるかも?」と思えるような恋の方が楽しいでしょう?それと同じです。

恋愛を通じて男性の自己承認欲求が満たされる一場面は、彼女にうまく「立てて」もらったとき、華を持たせてもらえたときです。

店員さんに用事があるときに、彼女が自分でちゃきちゃき解決しちゃうよりも、「お願いしていい?」と彼氏に頼って、解決してもらう。

それで「ありがとう。

頼りになるね」と言ってあげる。

こういうふうに、彼氏がうまく活躍できる場面をお膳立てしてあげることも重要な「空気の読み方」です。

「さみしがってほしそう」を感じ取れデート中の彼氏をよく観察していると、必ずどこかで「さみしがってほしそう」にしている空気を感じとることができるはずです。

とくに、バイバイをするときですね。

そもそも「さみしい」と感じるのは、それだけ相手のことが「好き」な証です。

バイバイのとき、泣きじゃくって彼氏を困らせるまではしなくていいですが、あんまりにも「じゃ、またね~」と元気過ぎると、「え、全然さみしくないの……?さみしいの、俺だけ?」と彼氏が切ない気持ちになってしまうかもしれません。

この「さみしがって《好き》を伝える方法」は、直接彼氏に「好きだよ」と伝えるよりもずっと簡単だし、効果も抜群なので、とてもコスパがいいです。

ぜひ覚えておきましょう。

またデート以外でもこの「空気を読む力」は重要な場面があります。

毎日のようにLINEを連発するのは過剰かもしれませんが、逆に、彼氏の方からLINEを送って来てくれたときには彼氏が「さみしがってほしい」と思っている可能性が極めて大きいです。

そういうときにはすかさず「会えなくてさみしいよ」みたいに返事をしてあげてみてください。

キザな彼氏を茶化さない男性は、本当に「キザな俺」が好きな生き物です。

みなさんも、デート中によい雰囲気になったとき、彼氏から「俺、マジでお前に会えたの運命だと思うんだよね」みたいなキザなことを言われたことがあるでしょう。

女性はとにかく現実主義で冷静ですので、そういうとき「いやいや、それどうせ今まで付き合った女の人全員に言ったでしょ……?」なんて内心冷ややかな気持ちになったり、「何それ、急にめっちゃキザなんですけど」と「ぷっ」と思ってしまうこともあるかもしれません。

そういうときに彼氏を茶化したり、「う、うん……」と微妙なリアクションをしてはいけません。

そこは「惚れてあげる」べきタイミングです。

彼氏の唐突なキザなセリフがあなたのハートに刺さろうが刺さらなかろうが、いずれにせよ彼氏がそれによって愛情を伝えてくれたということはたしか。

であれば、「ありがとう。

すごく嬉しいし、感動したよ!」と褒めてあげるのが彼女の役割というものです。

「甘えてほしい」ときには甘えてあげる男性は、彼女から甘えられるのも大好きですよね。

これも「さみしい」と同じで、それを通じて彼女の「好き」を感じることができるからでしょう。

男性は、彼女が思うように自分に甘えてくれないとき、「俺って頼られてない?」「好かれてない?」と不安になってしまいます。

ときに「甘えると、彼氏にウザいって思われるかも」と心配をしていつもお利口にしている女性がいますが、いつもそれでは彼氏の「甘えられたい」欲求を満たすことはできず、場合によっては「甘えてくれる妹キャラな女性」に心移りをしてしまうかもしれませんので、甘えるべきときにはしっかりと甘えてあげましょう。

甘える「べき」ときとして、決して逃してはいけないのが、彼氏があなたに「何が食べたい?」「何かしたいことある?」のように、あなたの要望や意見を求めてきたときです。

これは一番わかりやすい「甘えて」サインですので、躊躇せずに思い切り自分の希望をぶつけてあげてみてください。

デートを「評価」しない彼氏がデートで連れて行ってくれたお店などに関して「イマイチだった」「もうちょっとセンス良いと思ったのに」のような第三者的な目線で「評価」をしている女性を見ていると、「空気、読めてないな」と思ってしまいます。

たしかに、普段から彼氏にデートをリードしてもらう立場にいると、そうやって彼氏のデートを冷静にジャッジしてしまいたくなるような気持ちもわからなくありません。

しかし、あくまでデートはふたりで作るもの。

「彼氏がデートをリードしてくれている」と言っても、それはあくまで「本来はあなたの役割」の分まで、彼氏が肩代わりしてくれているに過ぎません。

結局デートがふたりの共同責任であることに変わりはありません。

そして、彼氏にリードをしてもらうのと引換えに、必ず自分は「彼氏のリードを思い切り楽しむ」という役割を負っているのだということを忘れないようにしましょう。

「センスない」「微妙」と内心ディスっている暇があれば、「私は、こういうところも好きだけどな」「実はここも行ってみたいんだけど、ここ早めに出て、行ってみない?」などとサポートしてあげましょう。

彼氏の期待に応えて「演じ切る」思い切りのよさ先ほども書いたように、女性は現実主義で、冷静です。

しかしそれがあだとなって、思い切りよくはっちゃけることができないというデメリットに転じることがあります。

たとえば男性が、エッチのときに「〇〇してよ」とおねだりをしてくるとき。

こういうときに冷静で現実的な女性だと「そんなの無理無理、私そういうキャラじゃないし……」と思って丁重にお断りしてしまったりするわけですが、そこは思い切りよく「演じ」ましょう。

そもそも、彼氏が「こうして」と期待を表明してくれているときには、その期待に応じてあげることを恥ずかしいと思う必要なんて1ミリもありません。

だって、彼氏がそれを「してほしい」と言っているのですから。

「してほしい」と彼女に頼んでおいて、いざ彼女がそれをやってくれたら「うわ……こいつ柄にもないくせにこんなことしちゃってるよ……恥ずかしくないのかな……」なんて思う意味の分からない男性なんてこの世に居ません。

もちろん、彼氏の「理想」の型に常におさまろうとする必要はないし、それはそれでよくありませんが、たまにはそういうのも大事です。

もちろんエッチに限らず、彼氏が「もっと好きって言ってよ」とか「たまには、彼女ちゃんからキスしてよ」みたいに求めてきたときにも、この「空気を読む力」を発動してください。

ということで今回はこの辺で。

「空気を読む」とは、彼氏の言いなりになることでも、彼氏におべっかを使うことではありません。

むしろ、彼氏が「何をしてほしいか」を敏感に先回り的に読み取って、「この子、俺が考えてることとか、してほしいこととか、よく気づくな~」と感心させて、「こういう子って、なかなかいないよね」と特別な存在としての価値を見出してもらうための大人の女性の恋のノウハウなのです。

ぜひ、あなたも「空気を読む力」を身につけてみてください。

(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

続きを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

面白画像特集

  1. aiura047

    2016-11-27

    【面白画像】ボケて殿堂入り画像ver2

  2. ボケて殿堂入り

    2015-11-19

    【面白画像】ボケてで殿堂入り画像

  3. 【面白画像】コスプレ編 ver1

    2015-11-18

    【面白画像】コスプレ編 ver1

  4. 【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

    2015-11-16

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

  5. 【面白画像】コラ画像編 ver1

    2015-11-4

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver1

【PR】メール占い

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る