「SNSでのろけたい!」周囲からウザがられないラブラブ投稿をするには

大好きな彼と良い感じだと、自分たちのラブラブっぷりをTwitterやインスタグラムで思わずアピールしたくなっちゃいますよね。

でも案外カップル投稿に対する周りの目ってシビアなんです。

自分はそんなつもりはなくても自慢にみられて陰で悪く言われてしまうことも。

一方で、SNSでのろけているのにやっかみを受けないカップルもいますが、その違いはSNSの使い方にありました。

今回は周囲からイケてる!と思われるSNSでのカップル投稿についてです。

writer:ちーぬ21.タイムラインでイチャイチャしすぎないTwitterのタイムラインでカップルの甘~い会話が繰り広げられていたらどうでしょうか。

一度や二度だったら微笑ましいで済むかもしれません。

でもあまりにも頻度が高すぎると、だんだんまたこのカップルか…とうんざりしてしまいますよね。

タイムラインはフォロワーみんなが見れるもの。

そんなところで痴話ゲンカなんて繰り広げられてしまったら、たまったものじゃありません。

しかも、LINEなどで個別にやりとりできるのにわざわざタイムラインで長々と会話するのは、いかにも自慢しているようであまり印象が良くないそう。

ときどきひと言リプライするくらいがちょうどいいかもしれませんね。

2.かけてもらった金額をアピールしないイケてるカップルは、高価なプレゼントを交換してもそれをメインにした投稿はしないもの。

よく、「彼氏の誕生日に3万使った!プレゼントはグッチの財布で高級レストランも予約しました!」「彼からのプレゼントはコーチのバッグでした!」といったような投稿をしている女子、いますよね。

でも、費やしてもらった金額=愛情の大きさとはき違えていると、自慢が露骨すぎて周囲からうっとうしく思われてしまうだけ。

プレゼントも良いですが彼からもらった愛情を大切にして、お金で買えない幸せをアピールしてみましょう。

3.写真の連投は要注意。

気に入った一枚を選ぶいくら彼のことが大好きでも、インスタグラムなどで彼とのツーショットを一日に何枚も投稿するのはNG。

一日に何枚も投稿されると、フォロワーのタイムラインはあなたと彼の写真だらけになってしまいます。

タイムラインに何枚も同じカップルの画像が続いていたら少しうんざりしてしまいますよね。

イケてるカップルになるなら、イベントごとに渾身の一枚を選んで投稿するようにしましょう。

もし何枚も気に入った写真があるのなら日を改めて投稿するようにしたり、またカップル投稿専用のアカウントを作ってそこに写真をまとめるなどの方法が良いですよ。

4.投稿する写真のクオリティが高い投稿された写真がただのカップルのツーショットではなくて、構図や画質がとてもいい芸術的な写真だったらどうでしょうか。

それなら、見るほうも楽しく見えれてメリットがありますよね。

「また自慢か…」なんて思わずに、純粋に「このカップルすごい!」と思っちゃうことでしょう。

陰口を言われたくないという人は、誰に見せても「いい写真だ」と言ってもらえるような、こだわりある写真を撮ってみるのもいいかもしれません。

まとめいかがでしたか?SNSでのろけても周囲から羨ましがられる素敵なカップルを目指してみてくださいね。

(ちーぬ/ライター)(ハウコレ編集部)2

続きを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

面白画像特集

  1. aiura047

    2016-11-27

    【面白画像】ボケて殿堂入り画像ver2

  2. ボケて殿堂入り

    2015-11-19

    【面白画像】ボケてで殿堂入り画像

  3. 【面白画像】コスプレ編 ver1

    2015-11-18

    【面白画像】コスプレ編 ver1

  4. 【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

    2015-11-16

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

  5. 【面白画像】コラ画像編 ver1

    2015-11-4

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver1

【PR】メール占い

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る