ママ友トラブルで離婚の危機!?カギを握る「ボスママ」攻略法とは

出典:https://www.shutterstock.com “ママ友トラブル”、最近良く耳にしますね。ママ友と聞けば“トラブル”というキーワードが紐付いてくるようなイメージもあるのではないでしょうか。実はママ友トラブルの体験数としては意外と少ないようでして(※1)、数よりダメージの深刻さが本当の問題に思えます。そこで今日は,臨床心理士として相談に応じている筆者が、ママ友トラブルの実態と対処法について経験をもとにご紹介したいと思います。学校での「いじめの認知件数」は約12%、ママ友トラブルは…?首都圏のママ友トラブル実態調査では実際にママ友トラブルを体験した人は17.5%でした(※1)。この数字は少ないように見えます。ちなみに学校でのいじめの認知件数は約12%(※2)(※3)です。いじめを体験する生徒は実は少ないです。ただ精神を病む・自殺に追い込まれるなど、そのダメージの深さはよく知られていますよね。ママ友トラブルも数より,その“ダメージの深さ”で考えなければなりません。 ママ友トラブルで「引っ越し,精神疾患,離婚危機」も!出典:https://www.shutterstock.com ママ友トラブルで最も怖いのは、えげつない攻撃がネチネチと繰り返されることです。子どもが仲間はずれやイジメの対象になることもあります。ママが毎日のように集団マウンティングされることもあります。引っ越しせざるを得なくなったり、精神を病んでしまうこともあります。ランチ会やブランド物にお金がかかるママ友関係では、関係維持費がかさみます。ボスママから軽蔑されないように……と背伸びして金銭感覚が麻痺します。理解できないご主人とケンカになり離婚話に発展することもあります。数は少ないけど、人生を狂わせるほどのダメージがあり得る……これが“ママ友トラブル”なのです。 ママ友グループのキーパーソン「ボスママ」の生態とは!?ママ友トラブルのほとんどは、ママ友グループの支配者“ボスママ”のご機嫌を損ねることから始まります。もちろん人徳があって尊敬されているボスママもいます。ですが、“ガキ大将”のように自尊心が強くて支配的になるボスママも多いのです。たとえば、子どもの遊びの企画ではメンバーのセレクト権を持ちます。ママ友どうしの会話では話題の主導権を発揮し、時に誰かの批判を展開します。ママたちは毎日一緒にいるうちに「逆らうと怖い=逆らわなければ安心」と感じさせられてしまいます。これは一種の洗脳です。こうしてボスママに逆らえない風土が出来上がるのです。ここで嫌われたら,みんなが冷たくなります。 ボスママ攻略法&上手な付き合い方「ジャイアン」のようなガキ大将タイプは“自分が上にいないと安心できない”人たちです(※4)。最も大事なことは距離を取って存在感を消すこと!まずはママ友グループは一種の洗脳が働いた“ちょっと変なグループ”ということを自覚しましょう。どんなコミュニティにも多少は洗脳の要素が伴うものです。このグループには「ボスママ=ジャイアン」というルールがあるんだと考え、心理的に巻き込まれ過ぎないでください。そして、「永遠に続くわけではない」と考えましょう。ボスママも何かのきっかけで失脚します。そもそも子どもが小さいときだけのコミュニティです。子どもが子ども同士の関係を楽しむためのコミュニティです。ボスママがジャイアンでも子どもの社会性を育てるために必要なら、洗脳されているふりをして距離のあるお付き合いをすればいいでしょう。 いかがでしたか?ジャイアンも下手な歌にうっとりして持ち上げていればごきげんですよね。このタイプのボスママも同じです(※4)。ボスママの存在でコミュニティがまとまっているなら、上手に使って子育てを楽しんでくださいね。 【参考・画像】※1 「ママ友トラブル」実態調査!–株式会社オウチーノ※2 平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について –文部科学省※3 文部科学統計要覧(平成28年版)-文部科学省※4杉山崇(2015)『読むだけで、人づきあいが上手くなる。』–サンマーク出版 ※SergeyNivens、 RomanKosolapov–Shutterstockこの記事もおすすめ「【医師監修】子どもが突発性発疹に!いつからいつまで保育園はNG?」>>この記事が気に入ったら、こちらもチェック!「子どもにどう接していいのか分からない…」その悩み、一人で抱えないで5,000件以上の相談実績あるプロカウンセラーに今すぐ電話で相談しませんか?関連リンクあぁブロックしたい…夫がゲンナリする「妻からのLINE」4つ#03【逃げられ妻】お友達とのケンカはチャンス?子どもが自立するために気をつけたいポイント「一」←何て読むの!?人生で出会った「読めない珍・名字」10選【9/25は主婦休みの日】家事育児を手伝って~!「ママの心の叫び」とは最悪の場合「感電死」も…!?コンセントの危険と注意点とは

引用URL:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_ItMama_81369/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

面白画像特集

  1. aiura047

    2016-11-27

    【面白画像】ボケて殿堂入り画像ver2

  2. ボケて殿堂入り

    2015-11-19

    【面白画像】ボケてで殿堂入り画像

  3. 【面白画像】コスプレ編 ver1

    2015-11-18

    【面白画像】コスプレ編 ver1

  4. 【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

    2015-11-16

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

  5. 【面白画像】コラ画像編 ver1

    2015-11-4

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver1

【PR】メール占い

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る