ジョージ秋山氏『浮浪雲』44年の連載が完結

関連リンク・排水溝の嫌な臭い、解決しませんか?排水溝の掃除方法まとめ・HKT48宮脇咲良「緊張でおかしくなりそうだった」 YOSHIKI&B’zと並び固まる・DAIGO、ロックバンド・マイファスの大阪公演に参加「DAI語にも反応最高!」『ビッグコミックオリジナル』2017年19号(9月20日発売)。ジョージ秋山氏の『浮浪雲』44年の連載が完結きょう20日に発売される漫画誌『ビッグコミックオリジナル』19号(小学館)の巻頭カラーで、同誌の看板作品のひとつであるジョージ秋山氏の『浮浪雲(はぐれぐも)』の最終回が掲載され、約44年にわたった連載に幕を引く。編集部より「連載完結にあたり、ジョージ秋山氏がコメントすることはありません。44年間、1000回を越える連載、どの一話もいつもの一話で、どの一話も特別な一話。これが最後の一話です。皆さん、見届けてください」とのコメントも発表された。秋山氏が描く『浮浪雲』は、1973年12月5日発売の同誌で連載を開始。舞台は幕末の東海道・品川宿。物事に執着せず、ふわりと生きる問屋場の頭、浮浪雲を主人公に、男女の機微や市井の人々の喜怒哀楽を描いた時代劇漫画。渡哲也主演とビートたけし主演で、2度テレビドラマ化されたこともある。子どもの教育や夫婦間の問題、はたまた女性のくどき方まで、悩める現代人にもヒントを与えてくれる内容で、多くの支持を集めた。19号には、連載完結記念特別企画として「ジョージの“ことば”」も掲載。44年間に、編集者に、世間に、人間どもに、天才ジョージ秋山が投げつけた無数の“ことば”、その一部を紹介する。なお、10月5日発売の次号20号の巻頭カラーは、井浦秀夫氏の『刑事ゆがみ』。浅野忠信、神木隆之介らの出演で連続ドラマ化され、フジテレビ系で10月12日より放送開始される(毎週木曜後10:00)。「ドラマ化記念企画」として原作の井浦氏と、ドラマ演出の西谷弘氏(『ガリレオ』『容疑者Xの献身』『昼顔』など)の対談も掲載される。次々号21号(10月20日発売)では、浦沢直樹氏の新連載がスタートする。

引用URL:https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_OriconStyle_2097513/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

面白画像特集

  1. aiura047

    2016-11-27

    【面白画像】ボケて殿堂入り画像ver2

  2. ボケて殿堂入り

    2015-11-19

    【面白画像】ボケてで殿堂入り画像

  3. 【面白画像】コスプレ編 ver1

    2015-11-18

    【面白画像】コスプレ編 ver1

  4. 【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

    2015-11-16

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver2

  5. 【面白画像】コラ画像編 ver1

    2015-11-4

    【面白画像】ネットで人気のコラ画像編 ver1

【PR】メール占い

おすすめリンク

web・ホームページ制作やデザインやSEO業務を行っています。プロのウェブ集客コンサルタントがあなたのお悩みを解決致します。

ホームページ制作 山口市

お客様満足度90%以上を誇るエステティックサロンでは、脱毛・フェイシャル・ボディの中から一番のお悩みを解決します。女性はもちろん男性の方も通っている人気サロンです。

エステ フェイシャル 山口市

ページ上部へ戻る